人生100年!生涯エンジニア人生!

楽しいエンジニア人生!

「Qiita」「Qiita Jobs」におけるユーザー情報の取り扱い不備について思うこと ( Qiita のユーザーページの件でオプトアウトを試す)

2020年4月1日 1:10 更新内容

先週3月28日に、Qiitaサポートに以下のようなお願いをしました。

オプトアウトをするページを用意しないままトラッキングを行うことは法令に違反していると思います。

ラッキングを停止、またはオプトアウトをするページを用意するのはいつぐらいなりますでしょうか?

お手数ですが、この辺りを会社として表明してくれないでしょうか?よろしくお願いします。

3月30日にQiitaサポートからは、オプトアウトは対応予定で、トラッキングについては「社内に共有」との返答でした。

そして、3月31日 16:05 に以下のニュースリリースがでました。
increments.co.jp

このニュースリリースには、更に追加の問題がかかれていました。

Qiita Jobsを利用される企業様が、ご登録いただいている個人のユーザー様の「よく読んでいるタグ」及び「関心ワード」に加え、IPアドレスに基づき「北海道地方・東北地方・首都圏・北関東地方・中部地方・関西地方・中国地方・四国地方・九州地方・沖縄地方又は不明」に分類した推定エリアを確認できる機能を、ユーザー様に事前にお知らせすることなく追加していたことが判明いたしました。同機能は、登録企業のうち実際に求人を掲載されたことがある企業様が確認できる仕様になっておりました。

IPアドレスの地域情報はあまり正確性が高くないが、IPアドレスに基づいた地域情報を同意を得ずに登録企業へ渡すなど、他にも多くの情報を渡しているのは良くない行為です。

わたしは、このような行動情報を企業に渡す行為は最近あった事件を思い出します、リクナビDMPフォロー事件です。
今回の問題において連携データはリクナビDMPフォローより少ないデータかもしれませんが、やっていることはリクナビDMPフォローと変わりません。
Qiitaを運営しているIncrements社は、リクナビDMPフォロー事件を、もう忘れたのでしょうか??半年前の話ですよ??

www.itmedia.co.jp

それと、このリクナビDMPフォロー事件では、情報を提供受けた企業の名前も出ました。
情報を提供受けた企業は、素直に謝罪のニュースリリースを出してください。


最後に、個人的な感想ですが、Increments社のニュースリリースには「判明」という言葉が2回出てきます。
現場のエンジニアが勝手にやったというと取れるニュースリリースと感じました。
当然ながらエンジニアにも責任はありますが、現場以外は知らないとかという、トカゲのしっぽ切りのような行為はしてほしくないです。

そして現場のエンジニアさんに伝えたいことがあります。
エンジニアというのは、このような法を犯す力を持っており、その力を認識してください。
そして法を犯さないように、エンジニアは法の番人としての最後の砦であるために広い知識を持ってください
エンジニアは倫理観を持った行動がとても大事です、そのためには広い知識を持ってまずいと思ったら周りにアラートをあげてください。
※エンジニアの責務が大きすぎるため訂正します。

2020年3月27日 8:00 更新内容

treasuredata社からの表明が出ました。

www.treasuredata.co.jp

オプトアウト機能は各社が用意する形になり、当社は各社がオプトアウト機能を実装するために必要な技術提供及び設定方法のご案内をしております。

サービスを受ける側で画面などを実装するということですね。

当社によるデータ収集をオプトアウトするためのものです。各顧客企業が提供するサービスやウェブサイトで実施しているデータ収集向けのオプトアウトを実行できるものではありません。

わたしが、このリンクじゃない?と言ったものは違いました。
正しくないリンクを提示して、treasuredata社にご迷惑をおかけてして大変申し訳ございませんでした。

2020年3月26日 10:15 更新内容

「読んだ記事」の項目が消えました。
f:id:hideaki_kawahara:20200326101631p:plain

Qiitaブログに記載がありました。

blog.qiita.com

リリース後のユーザーの皆様からの、「読んだ記事」の情報は個人の行動履歴であり、そのような情報の取り扱いに一層配慮すべきと言う指摘を真摯に受け止めております。
早急に「読んだ記事」の取り扱いに関する社内協議を全力で進め、適切に対応していく所存でございます。

早急に対応してくれたことに感謝します。

なお、Qiitaのユーザーページでは表示されてないけど、オプトアウトページはブラウザによって正しく機能せずオプトアウトができないため(ChromeFirefox)、3rd Party Cookieは相変わらず渡している状況は変わらないです。
Qiita利用規約改定のお知らせ」からも一旦打ち消し線が入りました。

treasuredata社に対してオプトアウトするまでが問題の完了とわたしは思っておりますので、3rd Party Cookieを渡したくないという方は、以下の項目を参照にJavaScriptをブロックするのをオススメする。

事の起こり

blog.qiita.com

ここには左から「投稿した記事」「読んだ記事」「LGTMした記事」についていたタグのうち、出現割合がもっとも多かったものから順に5つを表示しています。

この「読んだ記事」が出るのでTwitterでは軽めに炎上しております。
f:id:hideaki_kawahara:20200326015206p:plain
2020年3月26日 0:34 の画面キャプチャーです。

※読んだ記事情報を出したくない場合、https://www.treasuredata.co.jp/privacy/ よりオプトアウト(利用停止)をお願いします。

上記のようにブログにはオプトアウトと書いてあるが、2020年3月26日 1:00 時点ではオプトアウトするところが無かったので、Google Analyticsと同じブロック方法を試してみます。

まずはユーザーページの確認

f:id:hideaki_kawahara:20200326012550p:plain

JavaScriptの確認

f:id:hideaki_kawahara:20200326022219p:plain

Cookieの確認と削除

Chromeの設定を開きます。
スクロールすると、プライバシーとセキュリティがあります。

f:id:hideaki_kawahara:20200326012337p:plain

「サイトの設定」→「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」と進みます。 検索窓にtreasuredataと入力すると結構ありますね。

f:id:hideaki_kawahara:20200326012504p:plain

f:id:hideaki_kawahara:20200326012638p:plain

→を押して「データ削除」を選択しCookieを削除する、その後0件になるのを確認する。

f:id:hideaki_kawahara:20200326012855p:plain

JavaScriptのブロック

「サイトの設定」まで戻り、JavaScriptを選択します。

f:id:hideaki_kawahara:20200326013139p:plain

ブロックするサイトを入力します。
追加を押して[*.]treasuredata.com[*.]treasuredata.co.jpを入力します。

f:id:hideaki_kawahara:20200326013317p:plain

しばらく放置します

すぐには変わりません。

読んだ記事は直近3ヶ月の閲覧データを元に算出しており、この情報は毎日更新されるようになっています。

ブログによると毎日更新のようなので、明後日ぐらいから変化が出るかと思っています。

ちなみに・・・オプトアウトのページの件

オプトアウトのページは、こちらだと思われます。
Qiitaの件でオプトアウトするページとは違うことが確認されました。
www.treasuredata.co.jp

www.treasuredata.co.jp

しかし、オプトアウトをするボタンが無いです。
f:id:hideaki_kawahara:20200326030744p:plain

でも、ボタンのコードは存在ますね。

f:id:hideaki_kawahara:20200326031414p:plain

display: none; ですね。

f:id:hideaki_kawahara:20200326031508p:plain

有効にできん・・・。 有効にする方法があったら Twitterでメンションしてください。

Cookieを拒否してたので出なかったみたいです失礼しました。

Chrome 80 からは 3rd Party Cookieは設定なければ SameSite=Lax だから、そうなるね・・・。

2020年3月26日 08:30 更新 上記の非表示はMacChromeで、ブラウザを変えてSafariだと表示されることを確認しました。
MacChromeでオプトアウトはできないのは変わらないので、JavaScriptのブロックは必要ですね。
Firefoxでも表示されません。

ブラウザで表示されているなら、そのブラウザでオプトアウトすれば良いです。
というかブラウザよって挙動を変えるのはやめてくれー!!

f:id:hideaki_kawahara:20200326083108p:plain

#Qiita で軽めにバズったので Google #Analytics を読みつつ、記事を書くモチベーションについて考える

概要

Qiitaで軽めにバズりました。
kawahara-ci.hatenablog.com

Qiitaはエンジニアの世界においては、とても参考になる記事も多く良いサイトです。
変なロゴも出なく表示も早く、URLの近くで「通知しますか?」のダイアログも出ないし、「メルマガを受信しますか?」というポップアップも出ないし、誰もが好きなサイトです。
検索するときも常に上位にくることが多く、QiitaというサイトはSEOに優れているからと思っております
今回はQiitaの記事が軽めにバズりGoogle Analyticsの数値的なデータが少し取れたので、簡単にまとめてみます。

ちなみに、わたしはこの分野には素人なので・・・。

時系列

今回のことを時系列でまとめてみました。

日時 動作
3-12(金) 17:16 Qiita運営のブログが出る
Qiitaの「いいね」が「LGTM」に変わります - Qiita Blog
3-12(金) 19:36 わたしが記事を書く
LGTMを戻す - Qiita
3-13(土) 05:00 Daily Trendの更新時間
3-13(土) 07:45 Trend 2位に入ることを知る
のりぃ on Twitter: "トレンド入りしましたね! @sapi_kawahara… "
3-13(土) 17:00 Daily Trendの更新時間(以下省略)
3-14(日) 08:30 矛盾についてブログを書く
なぜ #Qiitaの「LGTMを戻す」を作ったのか - 人生100年!生涯エンジニア人生!
3-15(月) 05:00 Weekly Trendの更新時間
3-18(水) 07:00 Qiitaニュースのメール配信
Qiitaニュース購読について - Qiita:Support

Qiita記事のページビューの説明

Qiita記事のページビューを見ると4つの山があることが確認できます。
f:id:hideaki_kawahara:20200324001759p:plain

  1. 12日の山はQiitaの記事を書いたときにツイートも同時にしているのでソーシャル(ツイッター)による流入でした。

  2. 13日の山はサイトの流入とソーシャルからの流入が半々になりました。
    QiitaのDaily Trendの更新されるので、そこからの導線でサイト流入が増えつつ、その記事を見た人が記事のことをツイートするので、記事を書いた本人以外のソーシャル流入が発生する。
    15日までこの傾向が続きました。

  3. 小さい山ですが、16日の山はオーガニック(検索)流入が増え始めたころです。
    数日が経過するとGoogleの検索に入るのでオーガニック流入が少しづつ増えてきます。

  4. 18日の山はメディア(メール)の流入が大半になりつつ、ソーシャル流入とオーガニック流入が若干ある感じになりました。
    週に1回あるQiitaニュースの配信に記事のことが載ると、メールを読んだ人が訪れるのでメディア流入が増えて、ここでも記事を見た人がツイートするので、再びソーシャル流入が発生します。

ブログのページビューの説明

このブログにもGoogle Analyticsは設定してあります。
ブログのページビューを見ると3つの山があることが確認できます。
f:id:hideaki_kawahara:20200324022058p:plain

  1. 14日までの山はQiitaのマイページからの流入です。(それと元からの流入
  2. 15日からの山はQiitaの記事の最後にブログへのリンクを入れたので記事からの流入が増えました。
    特に爆発的にブログへの流入が無いのは推測ですが、 Qiitaの記事の最初だけを読んで離脱したと思われます。
  3. 18日からの大きめの山は QiitaニュースからQiita記事への流入からの流れでブログまで来ております。
    ここからの読み取れることは、Qiitaニュースを読む人はQiitaの記事を最後まで読むタイプが多いのだろうと思われます。

まとめ

記事を書くことのモチベーションについてです。

Qiitaの記事を書いたらツイートするとソーシャル流入が期待できる。
Qiitaでは記事を書くだけでは無く、自らツイートして記事を宣伝していくことで多くの人に届けられることがわかります。
記事を書くモチベーションを上げる第1歩は書いたことをアピールすることです。

それと大事なことですが、Google AnalyticsをQiitaに設定しておくと数値が見えるようになり、記事を書くモチベーションが上がります。

こちらも大事ですが、ツイートのAnalyticsを見ることで、これもモチベーションが上がります。
当該ツイートのAnalyticsを以下に出しますが、フォロワーが1,000の自分でインプレッションが4万を超えるのは楽しいです。

f:id:hideaki_kawahara:20200324013852p:plain

あと、 Weekly Trendの影響は微々たる物だった。
Daily Trendの方が影響が大きいです。

意外と大事なのは、Qiitaニュースを読む人はQiitaの記事を読みくるので、Qiitaニュースが配信される水曜日はGoogle Analyticsを見るのをオススメします
Qiitaニュース配信日のユーザーの反応はブログのGoogle Analyticsで擬似的に判別できたのですが、Qiitaの記事を最後まで読む人が比較的に多いようです。
メールというメディアは離脱率がSEOでの流入と比較して低いのは知っていたのですが、これはQiitaというサイトが読むメデイアであり記事の価値が高いことが 裏付けられることになります。
個人的な感想ですが、今から2年前までメールに関する仕事をしていた身としては嬉しい結果になりました。

おまけ

ページビューとかを見るとQiitaの利用者数とか気になりますよね。
月間ユーザー数は、こちらのブログに記載あります。 increments.co.jp

月間700万人

とあるので、1日23万人強になります。

あと最後になりますが、QiitaにGoogle Analyticsを入れてない人は、公式記事を見て今すぐ入れよう!
qiita.com

なぜ #Qiitaの「LGTMを戻す」を作ったのか

2020年03月12日 Qiitaの「いいねボタン」が「LGTMボタン」に変わりました。

f:id:hideaki_kawahara:20200314111904p:plain

詳しい経緯はQiitaブログを読むと趣旨が理解できると思います。
なお、わたしはQiitaブログを拝読した上でLGTM趣旨に対して異論はないです。
blog.qiita.com

何を作った?

「LGTMボタン」に変わりましたというQiitaブログが出た1時間19分後に、「LGTMを戻す」というQiitaの記事を書きました。 qiita.com

Togetterにも、まとめを作っております。
togetter.com

作った動機

わたしはエンジニアという職業上、どうやって作っているんだろうと?気になる人です。
今回の件も変わったことに気付いた瞬間からChromeデベロッパーツール[⌥ + ⌘ + I]を開いて対象箇所を見ていました

Qiitaで使っているWebアイコンフォントFont AwesomeにLGTMのアイコンあったけ?とか、QiitaはFont Awesome 4.7.0だったよね?5にしたのか?とか5にLGTMのアイコンあったけ?とか色々と気になります。
そして画像がSVGに変わっていること、Font Awesome 4.7.0の設定は切っていない事に気付きます。
すぐさま、デベロッパーツールで元の <button><i class="fa fa-fw fa-thumbs-up"></i></button> に書き換えると「いいねボタン」に戻りました。

そこからは、Chrome拡張機能をサクッと作ってTwitterにあげました。

この時点ではQiitaに記事を書く予定は無かったです。
理由は、左横のしか対応していないなど不完全だからです。
しかし、調査5分実装5分という超高速開発という側面もあるので思い切ってQiitaの記事にしました。

ちなみに「いいねボタン」のアイコンは、こちらになります。
fontawesome.com

LGTM変更に関する意見が出る

しばらくすると、LGTM変更に関するネガティブな意見やポジティブな意見が出てきます。
それらを読みながら、わたしの意見はどっちなのだろうか?と疑問に思ってしまいます。
それはなぜかというと、Qiitaの記事を全部読んでから「いいねボタン」を押す習慣があるので、わたしは今回の変更に対してはポジティブな意見になります。
しかし、LGTM変更を戻すQiitaの記事を書いているので、これはネガティブな意見になります。

頭ではポジティブにとらえているのに、行動はネガティブなことをしている。
少し考えてみてから思いました、わたしは何がしたいのか? そうだ!作った動機にも書いたけど、行動の源泉はどうやって作っているんだろうと?と考えるようになりました。

モチベーション

今回の件はFont Awesome 4.7.0にLGTMのアイコンあったけ?という疑問からの調査がスタートしてます。
疑問は興味につながり、興味は新たなエンジニアリングにつながります。
その結果がLGTM変更に対してネガティブな意見になってしまったが、スタート時は何らかの形にするなり、最終的にはQiitaの記事にしようかなと、それがモチベーションになっていたと思います

この辺りの考えは間違っていなくて、まずは疑問と興味で突き進む、そしてChrome拡張機能も興味があるし作ってみたかったわけです。
突き進んだ結果、Qiitaブログが公開されて1時間の間は周りは見てないし、LGTMに関する意見は終わってから見ることになりました。

モチベーションを維持するには?

LGTM変更に関する意見で、わたしのQiita記事に関して「草」と反応する方が多数居ました。
今回のわたしがLGTMに関する記事を書いて無く、Qiitaブログが出た1時間後にQiitaの記事で「LGTMを戻す」っていうのを見たら面白いって感じるかなって思います。
面白いと思ってくれることはモチベーションにつながるなと思います!!

意見云々の前に、Qiita記事で面白いって思ってもらえて幸いです
昨今、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)のニュースが駆け巡り、多くの技術カンファレンスや勉強会が中止になり、若干モチベーションが下がっていたかもしれません。
今回、少しだけモチベーションを上げることができたかもしれません。
みなさもんも興味あることでもいいから、それをきっかけにモチベーションを上げてQiitaの記事を書いていきましょう。

考えさせられた記事

以下の記事もあわせて読むといいと思います。

mizchi.hatenablog.com

note.com

ワンストップ生き方 打ち上げ #ワンストップシリーズ

概要

技術書典8 で出す予定の「ワンストップ生き方」の打ち上げをしました。

本の内容?

note.com

これを知ってたらチート転生できるよね、ということが書いてある本です。
これを、私流の説明は「社会人になる前は社会に対して偉そうに言って自分の人生を選んだけど、社会人になってから反省の連続で、あの選択をした時の自分にこの本を渡したい」という感じです。

なお、私が書いたのは通信制大学で大卒の資格(学士)を取ろう」と、オマケの話を書いてます。
なお、通信制大学に行ってたのは10年以上前の話です。

通信制大学の話は、私流の説明とは異なりますが、社会人なる前よりも社会人になった人にも刺さる内容です。

そう、社会人になっても勉強したいんですよ!!常に情報と言う名の知識を頭に入れたいんです!!そうでしょ?そうでしょ?
私が書いた内容以外にも刺さる内容があります。この本は、それをざっと眺めるだけでも楽しいんです、私のような若者じゃない世代なら百科事典や家庭の医学を眺めるだけでも楽しいといえば分かるかな?

いつ出るの?

技術書典 8 が中止になり、この本の締め切りが延びました。
早ければ、次の春コミケになります。
遅くても、次の技書博3 になります。 gishohaku.dev

2020年3月7日(土)更新!
技術書典 応援祭開始!
techbookfest.org

ワンストップ生き方も公開されました!
techbookfest.org

Public α版として公開しました。
oyakata.booth.pm

もし、興味がありましたら、お手にとってご覧ください。

書きたい?

興味が物凄くあり、書きたいなと思った方はご連絡ください。
多くの執筆者が呼んでますよ!!

twitter.com

twitter.com

打ち上げ

その美味しい酒と料理、アルザス料理を飲んで食べました。

赤ワイン

白ワイン

前菜のサラダ

豚足とか

じゃがいもとクリームチーズ

ピザ

魚料理

メインの肉!!

デザート

こんなときは動物園がオススメかも

概要

コロナウィルス感染症で出かけるのが少々怖いと感じますが、小さい子供が居る家庭では家で遊ぶのも限界があります。
そういうことで、室内ではなく屋外なら気持ち的にもいいかなってことで、動物園に行きました。

なお、新型コロナウィルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸 のウェブサイトなど公的サイトを参照してください。

www.mhlw.go.jp

www.kantei.go.jp

動物園に到着

行ったところは埼玉こども動物自然公園です。

大きなイベントは中止になっておりましたが、定期的なイベントは開催しておりました。

乳しぼりや、うさぎの触れ合いは体験しようってことで、ざっくばらんに回りました。

www.parks.or.jp

色々回る

園内マップ、広いですよ。

座るキリンです。

コアラです。

やぎです。

フラミンゴです。

乳しぼり体験しました。
乳しぼりした牛「さくらちゃん」です。

園内は広いので、彩ポッポで回ると楽です。

彩ポッポの時刻表です。

なお、触れ合いするところの脇には手洗いするところがあります。
花王さんのキレイキレイがありました。
  

昼食

昼食は、埼玉こども動物自然公園の食事は観光地価格ではないので、そこで食べても良いのですが、ピクニックな感じにしようってことで、妻がおにぎりを作ってきてたので、それを食べました。

家から持ってきたジャイアントカプリコで顔が出た!

閉園

閉園時間になると、ポニーは自分から牛舎に戻ってきます。

感想

外で動きまくったので、大人も子供も気持ち的に良くなったと思います。
こういうときこそ、屋外をベースとした動物園は良いなと思いました。

それと私的には、リモートワークになってから歩くことが減りましたので、ちょっとした運動になりました。

リモートワーク中、2月20日の歩いた距離です。

動物園に行った2月23日の歩いた距離です。