人生100年!生涯エンジニア人生!

楽しいエンジニア人生!

M5Stack Gray (9軸IMU搭載)が届いた

きっかけは何となくです

もやっと、IoT関連を触ってみたいと言う心境が有りました。
当初は「Raspberry pi」を考えていました。

M5Stackに決めた!

他にも、Apple Watch的なの物も欲しいとか、色々とモヤモヤな気持ちが有りました。
とにかく、何か触りたい、何か試してみたい、そうおもっていました。
そんな時に、最近話題のM5Stackです。
これを選択した理由は、以下の5つです。
1. 画面が有る。
2.開発が出来る。(C言語
3.Wi-Fi無線が有る。
4.拡張がしやすい。
5.値段が安い。(税別5000円程度なら妻承認が通りやすい為)


せっかくならM5Stack Gray (9軸IMU搭載)

値段が安いなら、M5Stack Gray (9軸IMU搭載)が良いと思いましたので、こちらを選択して購入しました。

[rakuten:tsukumorobo:10011809:detail]

そして届きました

夜遅かったのですが、開封しました。

Hello Worldまでの道のり

そして、せめてHello Worldの表示まで!! やろうと思いましたが、しかし、Mac BookでUSBドライバーを入れても出てこない。
この問題は、環境設定のセキュリティで、全てのアプリの許可をしておいて、何度かインストールと再起動で出るようになりました、原因は不明かな・・・。
次の問題は、コンパイルしても書き込みが失敗する問題です。
検索すると、以下のブログに辿り着く、なるほど、コンデンサを噛ませば良いのか!って、コンデンサなんて無いわ!

手元にあった4.7uFをRSTとGNDに接続してみたところ、きちんと書き込みできました。

M5StackのTimed outエラー対策 - matsujirushi’s blog

寝ようと思ったら、神の声が聞こえた!


書き込みをする前に、電源ボタンをポンと叩く、これによりリセットがかかり、これだけで書き込みが成功するようになる。
これで眠れる、おやすみなさい。

M5Stackユーザーミーティング

これで無事に、M5Stackユーザーミーティング vol.1にも参加出来ます。
登壇する訳じゃないけど、所有とコンパイルと書き込みまではやりたかったです。
さて、来週までに色々と慣れておこう。
【増席!】M5Stackユーザーミーティング vol.1 - connpass